免責補償について

大型保険補償制度の中で「免責5万円」という言葉が出てきましたが、これはどういうことでしょうか。

 

免責額とは、万一事故を起こした場合、対物補償・車両補償については、その補償額のうち一定の金額までは利用者が負担しなくてはいけないことになっています。これを免責額といいます。

 

同じくマツダレンタカーの例を見てみると、対物補償・車両補償の免責額はそれぞれ5万円です。また、普通貨物車、マイクロバス、特殊用途車の場合の車両補償は10万円となっています。この金額は利用者が負担しなければなりません。なかなか大きな金額ですよね。

 

そこで登場するのが、もう一つの補償制度である免責補償制度です。免責補償手数料をあらかじめ支払っておくことで、万が一、事故を起こしてしまった場合の対物免責額と車両補償免責額を利用者に代わってお店が補償してくれるという制度です。

 

免責補償制度に加入する手数料は、軽自動車・コンパクト・ライトバンなど最も安いクラスだと24時間で1,050円。車の種類や大きさが大きくなるにつれて、少し値段は高くなっていきますが、最も高いマイクロバスでも24時間で2,100円です。この金額を高いととるか安いととるかは人それぞれかもしれませんが、レンタカーでは慣れない車で慣れない道を走ることが多いため、よほど予算に制約がない限りは、加入をしておくことがおすすめです。

 

なお、免責補償に加入した場合でも、事故によるお店への営業補償(ノン・オペレーション・チャージ)は発生します。

 

 

 

 

 

コメント

コメントを受け付けておりません。