格安レンタカー

今までレンタカーといったら、トヨタ、ニッサン、マツダなど大手の自動車メーカーや自動車ディーラー系のレンタカーショップや、オリックスレンタカー、ニッポンレンタカーなど独立系のレンタカーショップが有名でした。

 

そんな中、2000年代に入り、12時間2,500円前後といった格安で手ごろな料金を売りにしたレンタカービジネスが人気を集めています。格安レンタカーと言われています。多くはガソリンスタンドや自動車整備工場、中古自動車販売・流通業など、自動車関係の企業の新規事業、ベンチャービジネスとして始められています。そういえば、ガソリンスタンドでレンタカーの看板を見たことがあると言う方も少なくないのではないでしょうか。

 

なぜ、こんなに安い価格でレンタカーを提供することが可能なのでしょうか。それは、中古車を使うことで車両の導入コストを大幅に抑えること、また、ガソリンスタンドなど既存の店舗を事務所として利用し事務所経費も抑えること、さらにはガソリンスタンドなどではレンタカーのお客がガソリンスタンドも合わせて使うようになるなど事業の相乗効果も生まれていることなどがあげられます。こういった格安レンタカーとしてはニコニコレンタカー、ワンズレンタカーといった企業が代表的です。

 

できるだけ廉価に価格を抑えることが嬉しい一方で、カーナビが標準装備されていないことも多く装備をしっかりと確認することがおすすめです。また、中古車を使っているため、どうしても車両が古いことは我慢しなければいけません。

 

 

 

 

 

コメント

コメントを受け付けておりません。