海外で借りる

旅先で自動車が使えたら便利なことは海外旅行でも同じです。アメリカやヨーロッパでは日本語対応の窓口や日本語のウェブサイトなどが利用でき、外国でもレンタカーを借りることは十分に可能です。また、ハワイやグアムなど日本人観光客が多い場所では、店舗やカウンターでも日本語が通じることが多いので、初めてであっても心配は不要です。また日本の企業が海外の現地で日本人観光客が多い場所に出店していることも。

 

海外でレンタカーを借りる場合、日本における自動車免許証に加え、国際運転免許証を提示する必要があります。場合によっては日本の自動車免許証だけでもレンタルできるかもしれませんが、万一の事故の場合などのことを考えますと国際運転免許証があった方が先方も理解が進むので安心です。ジュネーブ条約に加盟していないドイツや台湾については国際運転免許証が無効となり、二国間の取り決めにより指定されている機関や団体が発行する外国語訳と共に免許証を携行することが条件となっている国もあるようです。

 

海外でレンタカーを借りる場合、日本の道路交通法とは違うルールに則って運転しなければなりません。多くの場合はハンドルが逆、走る車線も逆です。また信号の付き方なども変わってきますので、慣れるまでは経験者に同情してもらうか、ゆっくり走ることが大切です。また、免許取得後に何年経過しているかを尋ねられることがあります。国際運転免許証には記されていませんので、口頭の説明で補うことが求められます。

 

 

 

 

 

コメント

コメントを受け付けておりません。