万一の事故に備えて

補償制度のことを考えているのですから、一緒に万一に事故に遭ってしまった場合のことも考えておきましょう。

 

事故の場合、まず車を安全な場所に移動させましょう。そして、もし負傷者がいる場合は、その救護活動を優先します。そして、警察への通報、場合によっては救急への連絡が必要です。そして、必ずレンタカーを借りたショップにも連絡をいれます。

 

事故の場合に絶対にやってはいけないこと。それは、警察に通報しないということです。事故の当事者同士で話し合って警察に通報しない示談で済ませてしまうことはもちろん、自分だけで起こした対物の事故の場合も絶対に警察に通報しなければなりません。何かにちょっとぶつけてしまった、こすってしまったという程度の出来事であっても、それは事故になります。この程度ならいいかなどと思わずに必ず警察に連絡をとりましょう。

 

では、なぜそんな小さな事故の場合でも、警察への通報が必要なのでしょうか?それは、警察が事故であると認めたものでなければ、保険や補償の適用ができなくなってしまうからです。

 

少しこすってしまったぐらいだからという理由で警察に届け出ず、返却時のチェックで新しい傷が見つかると、利用者が全て負担することになります。では、一度ショップに戻ってから警察に通報するのはどうでしょうか。いえいえ、必ず事故を起こした現場に戻らなければなりませんので、余計に時間もお金もかかってしまいます。

 

 

 

 

 

コメント

コメントを受け付けておりません。