補償制度

point300車を運転するにあたって、まさかの事故に備えておく必要があります。レンタカーであっても同じです。自分が運転しなれた車でないことや土地勘がない場所で運転することが多いという点では、レンタカーの方がより事故を起こしやすいとも言えるでしょう。レンタカーを借りる手続きの中でも、必ず補償についての確認があります。レンタカーを借りて店員から説明を受けたことがある方でも、「なんだかちょっと難しいから、とりあえず入っておこう」とか、あるいは「借りるのは1日だけだから、なしでいいや」という方が多いのではないでしょうか。

 

そもそも補償制度とは、まさかの事故に備えた制度です。事故を起こしてしまうと、運転者には対人、対物、車両、人身傷害など損害賠償の責任が発生します。事故が起こってしまった時の損害賠償の責任を保険などで補償することが補償制度の目的です。では、どのような制度があるのでしょうか。

 

例えば、マツダレンタカーの例を見てみましょう。補償制度には、大きく分けて2つの制度があります。大型保険補償制度と免責補償制度です。

 

まず、大型保険補償制度はレンタカーの利用料金の中に含まれています。この制度によって、対人補償は無制限、対物補償も無制限(免責5万円)、1名につき3,000万円までの人身損害補償、そして時価の車両補償(免責5万円)が補償限度額の範囲として補償されます。レンタカーを借りた時点で、ここまでは自動的に補償される制度に加入していることになります。

 

 

 

 

 

コメント

コメントを受け付けておりません。