返却する時の注意

ドライブ、買い物、旅行、それとも引越し?レンタカーを借りる目的は色々ですが、共通することが一つ。他の借りものと同様に、借りたレンタカーは、約束の時間までにショップに戻さなくてはなりません。

 

多くのショップでは、ガソリンを満タンにして返却することが原則です。給油したレシートの提示を求められることもありますし、そうでなくても、返した際にエンジンをかけてみればガソリンが満タンになっているかはメーターですぐにわかります。ですから、ごまかせないかなんていう邪念は振り払って。

 

ショップによっては、給油を指定するところもあります。また、近くにガソリンスタンドがなかったり、あったとしても反対側の車線からでなければ入れないところにあったり、面倒な場合もあります。予定時間のぎりぎりになると焦ってしまう原因にもなりますから、帰りの時間の計算には余裕をもって。

 

なお、ガソリン料金をレンタカーの料金と一緒にまとめて支払って、ガソリンスタンドに立ち寄る手間を省くことができるプランもあります。ガソリン代はやや割高になりますが、給油の手間がいらなくなること、ガソリン代を気にして走らなくてもよくなりますので、一考の価値はあります。

 

もし時間に遅れてしまう場合や延長したい場合は、必ずショップに連絡を入れましょう。返却がどれくらい遅れるかを教えてあげましょう。ショップに戻った時に延滞料金を支払います。

 

ショップに着いたら、スタッフが車に新しい傷やへこみがないかを確認します。車内に忘れ物がないかのチェックもお忘れなく。もし延長料金などの清算があれば支払いをします。

 

 

 

コメント

コメントを受け付けておりません。